Browsing: 映画

クラウドファンディング目標金額達成! https://camp-fire.jp/projects/view/512454 制作:聾宝手話映画 (長編作品第1作目:『卒業〜スタートライン〜』) https://rohosyuwa.web.fc2.com/ 映画『ヒゲの校長』は、 谷進一が監督を務めた作品です。 今作は、手話教育の普及に努め、「手話の父」と呼ばれた高橋潔先生の生涯を描く物語になっています。 高橋先生が大阪市立聾唖学校へ赴任する直前から始まり、口話推進派とのあつれき、妻・醜子さんとの出会い、子どもたちとのふれあい、口話推進派であった尾張徳川家第十九代当主・徳川義親氏との対決などを描いています。 公開は、2022年を予定しております。 #映画 #ヒゲの校長 #手話の歴史 クラウドファンディングには、活動報告も載っています! https://camp-fire.jp/projects/view/512454 監督:谷進一 https://rohosyuwa.web.fc2.com/ Twitter https://twitter.com/Hige_film instagram https://www.instagram.com/hige.signlanguage/ Facebook…

波乱万丈の生涯を送った、ヨーロッパ映画最高の映画女優 その軌跡をたどる、初の本格的な特集上映 『没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭』 2022/8/5(金)~8/25(木)特集上映予定 <上映作品> 『太陽が知っている 4Kデジタルリマスター版』 『マックスとリリー』※日本劇場初公開 『夕なぎ』 『離愁 4Kデジタルリマスター版』 『華麗なる女銀行家 4Kデジタルリマスター版』 『サン・スーシの女』 『地獄』※日本劇場初公開 詳細:https://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/22_romy.html Bunkamuraル・シネマ:https://www.bunkamura.co.jp/cinema/

銀幕で数々の名作を残し、世界中の人々に時を超えて愛される大スターである永遠のヒロイン、オードリー・ヘプバーンのドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』が5月6日(金)より劇場公開される。  初主演作となる『ローマの休日』(1953年)でアカデミー賞を受賞、その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『パリの恋人』(1957年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)など、誰もが知る名作に出演し続け、銀幕のスターとして世界中から愛されてきたオードリー・ヘプバーン。  彼女の知られざる人生と苦悩を描き出す本作では、過去の貴重なアーカイブ映像と近親者によるインタビュー映像をふんだんに盛り込み、名声の裏に隠された本当の姿を紐解いていく。  1929年5月4日、ベルギーに生まれたオードリー。第二次世界大戦の真っ最中に多感な少女時代を過ごし、ナチス占領下のオランダで過酷な子供時代を経験する。食料もなくやせ細って栄養失調に苦しみ、家は破壊され地下室や牢獄のような環境での生活を強いられていた。さらに、幼い時分に父は家族を捨てて両親は離婚、戦時下という過酷な環境を、悲しみと孤独を抱えて辛くも生き延びた。  オードリーは当時を振り返り「ナチス親衛隊に直接支配され、誰もが口をつぐみ、身を隠して自由に話せず、ラジオも聴けない牢獄のような環境で私は育った」と明かしており、「オランダ解放のあと赤十字とユニセフが来て廃屋に物資を運び込んだのを覚えてる。食糧や衣類や薬をね。戦争が終わった時私は重度の栄養失調だった。食べ物の価値は知ってるわ。私の人生はその頃の記憶で形作られてる。子供の頃にこちら側の人生を知った。あの苦しみと貧しさは今も心に残っている。」とオードリー自身がユニセフの助けを借りて生き延びていた事が明かされている。この経験は、晩年、ユニセフ親善大使として活動するオードリーに多大な影響を与えることになる。  本作の監督を努めたのは、27歳の俊英ヘレナ・コーン。彼女は、脚本家としても、監督としても、ミュージシャンとしても活躍する令和を象徴するかのような多才な女性で、これまでにも、短編劇映画や伝説的なカーデザイナーであるフランク・ステファンソンを描いた長編ドキュメンタリー映画を手掛けたほか、ミュージシャンとしてソロシングルも発表してきた。オードリーの死後に生まれ、2022年を生きる彼女がオードリー・ヘプバーンの生き方に見出したメッセージとは?  この動画では、ヘレナ・コーン監督が、今この時代にオードリーの人生を描いた、その思いの丈を打ち明ける。  映像冒頭、オードリーについて「オードリー・ヘプバーンは私の知る限り、誰よりも弱さと強さを体現した人です。彼女は生涯で多くの困難に直面しましたが、愛と尊厳と気品で乗り越えました」と語るヘレナ。  オードリーのファンだったという母の影響を受けその存在を知った彼女にとって、オードリーは子どものころからの“英雄”だったと明かしている。それは、恐怖や憎しみに溢れる世界で愛の重要性のために立ち上がり、今でも何らかの形で戦い続けているから。彼女はこの映画を作るにあたり、美しさやファッションによって記憶されるオードリー・ヘプバーンではなく、過酷な過去を乗り越え、それ故に人生を賭して世界に愛を説き続けた本当の姿を知ってほしいと想いを込めたそう。  そんなオードリーの本当の姿を描くために、ヘレナはオードリーの女優時代の仲間だけでなく、息子や孫、家族ぐるみの付き合いをしていた友人らから、オードリーの極めてパーソナルな部分を紐解いていった。  これまで多くを語られてこなかった戦時下でのつらく苦しい子供時代、父の裏切りと両親の離婚、二度に渡る結婚生活の破綻、世界中から称賛されていた美貌にすら奢りを持たず、コンプレックスを抱えていたという本音を明かした不安げな声…劇中では、これまで知っているようで知らなかった“ひとりの人間”としてのオードリーの姿を見ることができる。そしてヘレナは、そんなオードリーの人生をひとつずつ紡いでいくことで、晩年、辛く苦しい過去を乗り越え、人生を価値ある美しいものとして享受していく、強くしなやかなオードリー・ヘプバーンをスクリーンに蘇らせた。  映像内でも、「彼女はその人生の中で追ったトラウマを、美しく愛に満ちた方法で乗り越えました。私たちはこれを見習うべきです。人生はトラウマや苦難で決まるものじゃない。乗り越えれば美しいものに変えられるのです」とオードリーの生き方そのものが今を生きる我々へ大きなメッセージを伝えることを明かしており、その言葉とともに、ユニセフ親善大使として、自らの名声を武器に世界中の子供たちに愛を注いだオードリーの姿が映し出されていく。オードリー自身の肉声で世界に向けて投げかけられるメッセージも収められている。  美しく、輝かしい姿からは想像できない過酷な過去と拭えない喪失感、そして幼少期のトラウマはオードリーの人生に大きな影を落としたことは間違いない。それでもなお、その影に囚われ続けるのではなく、自ら世界中に惜しみない愛を注ぐことで「人生の最後に、自分のことを好きになれた」と語れる幸せな人生を掴み取ったオードリー。いま、映画の中で解き明かされるオードリー・ヘプバーンの生き方は、きっと、あなただけの本当の幸せを見つけるヒントを教えてくれるだろう。 監督:ヘレナ・コーン キャスト:オードリー・ヘプバーン、ショーン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの長男)、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの孫)、クレア・ワイト・ケラー(ジバンシィの元アーティスティックディレクター)、ピーター・ボクダノヴィッチ(アカデミー監督賞ノミネート)、リチャード・ドレイファス:(アカデミー賞受賞俳優 、『アメリカン・グラフィティ』、『ジョーズ』)ほか 振付:ウェイン・マクレガー バレエダンサー:アレッサンドラ・フェリ、フランチェスカ・ヘイワード、キーラ・ムーア 100分/2020年/イギリス/5.1ch/ビスタ/字幕翻訳:佐藤恵子/原題:“Audrey”…

Data:16〜20 July 2021 京都は盆地で四方を山に囲まれていますので、熱が逃げにくいのが特徴で京都の夏は、うだるような暑さ。この暑さから生まれたのが夏の風物詩「川床」。川の上やすぐそばに設けられた座敷でのひと時の涼をとることができる。また、鴨川河川敷での河原でのカップルなどの夕涼みも京都らしい光景。2021年は祇園祭山鉾巡行が、昨年に続き中止となりましたが、夏だからこそ魅力の京都があります。 Summer evening view of Kyoto 2021. The city of Kyoto is a basin surrounded by mountains in…

戸田恵梨香✖️永野芽郁✖️『告白』湊かなえ衝撃作映画化! 累計発行部数360万部を超え、2010年に映画興行収入38.5億円を記録した超ヒット作『告白』から12年。ベストセラー作家:湊かなえが「これが書けたら作家を辞めてもいい」という覚悟で執筆し、累計発行部数100万部突破した衝撃的問題作『母性』(新潮文庫刊)がついに映画化。ある未解決事件の語り手となる母娘を演じるのは、戸田恵梨香と永野芽郁。人気実力トップクラスの二人の女優が、繊細かつ大胆な演技で新境地を切り開く。さらに物語に登場するキャラの濃ゆ〜い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが熱演。監督を務めるのは人間ドラマの名手、廣木隆一。事件はなぜ起きたのか?真相を紐解くキーワードは「母性」。母と娘の食い違う証言に観客=あなたは大いに揺さぶられる事でしょう。この秋11/23(水・祝)、母性が日本を惑わせる! STORY 愛せない母と愛されたい娘の「母性」を巡る衝撃の物語 女子高生が自ら命を絶った。その真相は不明。事件はなぜ起きたのか? 普通に見えた日常に、静かに刻み込まれた傷跡。愛せない母と、愛されたい娘。 同じ時・同じ出来事を回想しているはずなのに、ふたりの話は次第に食い違っていく… 母と娘がそれぞれ語るおそるべき「秘密」—2つの告白で事件は180度逆転し、やがて衝撃の結末へ。 母性に狂わされたのは母か?娘か?・・・物語は、すべてを目撃する観客=【あなたの証言】で完成する。 ■映画『母性』11月23日(水・祝)全国ロードショー! 出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦誠己、中村ゆり、山下リオ、高畑淳子、大地真央 原作:湊かなえ「母性」(新潮文庫刊) 監督:廣木隆一 脚本:堀泉杏 主題歌:JUJU「花」(ソニーミュージックレーベルズ) 音楽:コトリンゴ 公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/bosei 公式Twitter:https://twitter.com/bosei_movie #映画母性 ©2022映画「母性」製作委員会

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』 2021年11月12日(金)Disney₊(ディズニープラス)で配信スタート! ✨ チャンネル登録はこちら: http://bit.ly/JPSubWCN 💥CHECK OUT OUR MERCH💥: http://bit.ly/WCNSHOP 今なお愛されるクリスマス映画の傑作『ホーム・アローン』が、新しいキャスト&物語の、アドベンチャー・コメディ映画として生まれ変わる! いたずら好きで頭の回転が早い少年マックス・マーサーは、家族が休暇で日本に向かう中、一人だけ家に置き去りにされてしまう。そんな中マックスが留守番をしていると、マーサー家にある貴重なお宝を狙って泥棒夫婦が入り込み…。果たして、マックスはたった一人で彼らを撃退できるのか!? #ホームスイートホームアローン 🌟#日本FilmIsNow🌟 最新洋画予告編、ムービークリップ、ムービーシーン、レビューやインタービューなど常に掲載!

突然、《監禁》された3人のテレビ局員。 その一方、鍵を握る1本のテレビニュース番組の特集映像について、密談をする5人のテレビ局幹部たち。責任回避し、責任者不在な日本のタテ社会を鋭く描いたエンターテインメントな大人の寓話『猿ノ王国』 公開日:2022年4月2日(土) K’s cinema 他・全国公開 監督:藤井秀剛 出演者:坂井貴子、越智貴広、種村江津子、分部和真、足立雲平 公式サイト:https://www.sarunooukoku.site/ Twitter:https://twitter.com/saruoukoku

#橋本環奈 、ピンクボブのゆるふわ最強ヒットガールに変身!本格アクション初挑戦! 累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超えの超人気コミックが待望の実写映画化!! 映画『#バイオレンスアクション 』8月19日(金)全国公開! ゆるふわピンクボブの菊野ケイは日商簿記検定2級合格を目指し専門学校に通っていた。学校帰りのバスでビジネスマン風の青年テラノと出会い、ケイは胸を高鳴らせながらもいつも通りバイト先へ。一見、フツーのラーメン屋だが、その実態は殺し屋。ケイは、指名ナンバーワンの凄腕の殺し屋だったのだ…!! キレたら恐い店長、不自然ヘアーの運転手ヅラさん、ケイに想いを寄せる渡辺と孤高のスナイパーだりあがバイト仲間だ。この日の依頼は、巨大なヤクザ組織を仕切る三代目組長からある人物を殺して欲しいという内容だった。そのターゲットとは巨大な抗争の渦中にいるヤクザの会計士、バスで出会ったテラノだったー。そこにケイを狙う最狂の殺し屋みちたかくんまで現れて…!?菊野ケイ、史上最悪のバイトをどう乗り切る!? 📱公式サイト/SNS 公式サイト: https://www.va-movie.jp/ 公式Twitter: https://twitter.com/VAmovie_JP 公式Instagram:https://www.instagram.com/vamovie_JP 公式TikTok:http://www.tiktok.com/@VAmovie_JP 原作/浅井蓮次、沢田 新「バイオレンスアクション」(小学館「やわらかスピリッツ」連載中) 監督:瑠東東一郎 脚本:江良 至、瑠東東一郎 出演:橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉 、佐藤二朗、城田優、高橋克典 / 岡村隆史 ほか…

リーアム・ニーソンがさらわれた娘と孫のために死闘、『Blacklight』米予告編 ─『ファイナル・プラン』監督との最新作 ✨ チャンネル登録はこちら: http://bit.ly/JPSubWCN 💥CHECK OUT OUR MERCH💥: http://bit.ly/WCNSHOP アクション映画界の最 前線に立ち続ける名優が最新作で演じるのは、影で生き、影で戦うトラヴィス・ブロック。政府から事件などの調停役の仕事を依頼されるフリーランス・フィクサーのトラヴィスは、あらゆる危機な任務を遂行してきた男だ。 監督:マーク・ウィリアムズ 主演:リーアム・ニーソン、エイダン・クイン、エミー・レイヴァー・ランプマン 2022年2月11日に米国公開予定だ 🌟#日本FilmIsNow🌟 最新洋画予告編、ムービークリップ、ムービーシーン、レビューやインタービューなど常に掲載!