Browsing: 映画 公開

◤11.3『ゴジラ-1.0』公開記念 -怪獣王ゴジラの遺伝子-◢ 「ゴジラ-1.0(#ゴジラマイナスワン)」の公開を記念して、 11月はゴジラシリーズの中から選りすぐりの4作品を一挙放送! =========================== ◎「ゴジラ対メガロ」<4Kデジタルリマスター版>★4K化TV初 ◎「ゴジラ(1984年)」<4Kデジタルリマスター版>  ※本編前後には、「ゴジラ-1.0」で監督を務めた山崎貴監督がゲスト出演! ◎「ゴジラ×メカゴジラ」(HD放送) ◎「ゴジラ FINAL WARS」(HD放送) ◆11/9(木)よる7時30分スタート! ※4K作品は2Kダウンコンバートにて放送 ▼放送作品詳細は特設サイトをチェック https://www.nihon-eiga.com/osusume/godzilla4K-2023/ =========================== さらに、 #本多猪四郎 の劇場映画監督デビュー作「#青い真珠」や、 破壊神vs守護神の究極対決を描いた「#ゴジラvsコング」もお届け!…

『池上彰と増田ユリヤのYouTube学園』を開校しました。 池上彰と増田ユリヤの二人が、教育系YouTuberデビュー! 歴史を学んでいる子どもたち、まだまだ学び足りない大人たちに向けて、テレビや学校では教えてくれないことを中心にお話します。 【公式ツイッター】 https://twitter.com/Ikegami_masuda #池上彰 #ボスニア #ユーゴスラビア

中国の田舎町に暮らす貧しい少年は、獅子舞バトルで自らの人生を切り拓く――! 【INTRODUCTION】 中国で空前の大ヒット、21年度公開作品の映画満足度ランキング第一位。22年に日本で限定上映され、圧倒的な作品力で絶賛された。格差社会の底辺でもがく少年の成長を熱い獅子舞バトルを通して描き、誰もが涙した衝撃作が日本語吹替版で全国公開決定!困難を乗り越え成長する主人公・チュンに花江夏樹、チュンを獅子舞に目覚めさせた同名のヒロイン・チュンには、高い演技力で話題沸騰の桜田ひより。共に大会を目指す仲間、マオとワン公に山口勝平、落合福嗣。師匠・チアンに山寺宏一、その妻アジェンに甲斐田裕子ら豪華声優陣が結集。中国発・世界のCGアニメーションの常識を覆した超絶クオリティ―、魂が震える最高のクライマックスを体感せよ! 【STORY】 僕らには、たった一度のチャンスもないのか? 出稼ぎ両親の帰りを待つ貧しい少年チュンは、ある日、華麗な獅子舞バトルで屈強な男を倒した同じ名前の少女チュンから、獅子頭を譲り受けた。チュンは、お調子者のマオと食いしん坊のワン公を誘い、獅子舞バトル全国大会出場を決意。飲んだくれの元獅子舞選手チアンに無理やり弟子入りする。チアンの妻アジェンの励ましを受け三人は猛特訓を続けるが、大会目前でチュンの父が大けがをして帰郷した。家族のため、大都市に出稼ぎに行くチュン。過酷な労働が続き、仲間との夢をも諦めそうになったチュンの前に、再びあの少女が現れた――。 【吹替キャスト】 花江夏樹  /チュン 桜田ひより /少女チュン 山口勝平  /マオ 落合福嗣  /ワン公 山寺宏一  /チアン 甲斐田裕子 /アジェン 監督:ソン・ハイポン エグゼクティブ・プロデューサー:チャン・ミャオ 提供:北京精彩、泰閣映畫、面白映画、Open Culture Entertainment、ギャガ 配給:ギャガ、泰閣映畫、面白映画、Open Culture Entertainment…

スタッフ、キャスト、楽曲、そして一音にまで妥協無く、その全てが、映像化不可能と言われた原作に挑み、勝つために集められた。 いま、新たな傑作が誕生する― ————– 映画『蜜蜂と遠雷』 2019年10月4日(金)ロードショー 松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人) 臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ / 眞島秀和 片桐はいり 光石 研 平田 満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史 原作:恩田 陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫) 監督・脚本・編集:石川 慶 「春と修羅」作曲:藤倉 大 ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士…

映画公開30周年記念「ジュラシック・パーク」inコンサート 公演日時:2023年8月5日 (土) 17:00開演 (16:00開場) 会場:東京国際フォーラム ホールA 公式HP⏩ https://cineoke.info/on/jp30/ 今から30年前の1993年に公開され、全世界で大ブームを巻き起こした『ジュラシック・パーク』。 マイケル・クライトンの小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化した本作は、当時最先端のCGを駆使して恐竜たちを現代に甦らせました。その歴史的映画『ジュラシック・パーク』映画全編を大スクリーンで上映し、舞台上のフルオーケストラが音楽部分を映画に合わせて生演奏するというシネマオーケストラ(通称:シネオケ®)が今夏、東京、大阪にて開催! 『ジュラシック・パーク』の音楽は、『スター・ウォーズ』『E.T.』『インディ・ジョーンズ』など数え切れないほどの映画音楽を生み出したジョン・ウィリアムズ作曲。繊細にして大胆なスコア、広大で冒険心を煽る音楽がライブでフルオーケストラ演奏されることにより臨場感が増し、原野に放たれた恐竜たちがよりリアルに。あなたの眼の前に『ジュラシック・パーク』の世界が広がり、全身を刺激します!

今も続く「部落差別」の問題を描いたドキュメンタリー映画が公開されました。 部落差別の発端となった江戸時代の身分制度は明治になって廃止され、現在、法律や制度のうえで「部落」は存在しません。 しかし映画「私のはなし部落のはなし」は、「部落」とされた場所で暮らす人たちとの対話から、今も差別が続いている現状を浮き彫りにします。 なぜ差別が残っているのか…監督の満若勇咲(みつわか ゆうさく)さんは、あえて「差別をする側の人」の取材も重ねました。 その意図を「程度の差はあるものの差別意識を持っている人はいて、自分のこととして捉えて欲しかった」と話します。 【満若勇咲監督】 「差別する人を、こいつは悪で差別主義者で許せないみたいな映画を作ってしまうと、自分のことと切り離して考えてしまうので良くないだろうと。差別をする側、部落差別を残してきた側の日本人の意識みたいなものは、自分ごととして自分の延長線上として捉えることはできるだろうと、そういったものを描く必要があるなとは思っています」 映画「私のはなし部落のはなし」は、シネマート心斎橋などで上映されています。 カンテレ「報道ランナー」2022年5月26日放送 関西のニュースをお届けします! 【カンテレNews】https://www.ktv.jp/news/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/@UCQhaZjODkIjuv38d-i5TVRw #部落差別 #ドキュメンタリー #映画 #満若勇咲

メガネが、彼らの<せかい>を変えた。 日本のメガネの95%を生産する福井。ゼロから立ち上げた兄弟と、二人を支え続けた妻の、情熱と愛と物語 今では日本産メガネの95%を生産している福井県。 本作は、明治時代の福井を舞台に、豪雪地帯のため冬は農作業ができず収入の道がなくなる村を助けようと、メガネ工場をゼロから立ち上げた増永五左衛門と幸八の兄弟と、二人を信じて支え、見守り続けた妻・むめを描いた、挑戦と情熱、そして家族の愛の物語。 史実をもとに、福井がメガネの聖地となった成り立ちを追いかけ、“ものづくり”の魅力と、実用品かつ装飾品でもあるメガネに渾身の技術と魂を吹き込む職人と彼らを支える家族が感動的に描かれる― 【キャスト】 北乃きい 森崎ウィン 駿河太郎 高橋愛 秋田汐梨 磯野貴理子 津田寛治 榎木孝明 東てる美 佐野史郎 かたせ梨乃 小泉孝太郎 【スタッフ】 監督:児玉宜久 原作:藤岡陽子「おしょりん」(ポプラ社) 脚本:関えり香 児玉宜久 エンディング曲:MORISAKI WIN「Dear」(日本コロムビア) 製作総指揮:新道忠志 プロデューサー:河合広栄  ラインプロデューサー:川口浩史 撮影:岸本正人 照明:桑原伸也 録音:林昭一 整音:瀬川徹夫 記録:目黒亜希子 編集:村上雅樹  美術:黒瀧きみえ 装飾:鈴村高正 衣装:田中洋子 ヘアメイク:西村佳苗子 助監督:宮﨑剛 制作担当:相良晶 制作プロダクション:広栄 トロッコフィルム 配給:KADOKAWA 製作:「おしょりん」制作委員会 ©「おしょりん」制作委員会 公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/oshorin   公式Twitter: @oshorin_movie